公認心理師試験対策:イギリスにおける心理学者養成

イギリスでは、イギリス心理学会の認証する大学の心理学コースを卒業し、大学院において3~4年間の専門家としてのトレーニングを受けることで、チャータード・サイコロジストになることができる。

イギリスでは心理学者(チャータード・サイコロジスト)と心理療法家、心理カウンセラーは全く別の専門家であり、職種である。心理学者は、エビデンス(科学的根拠)に基づく実践を行う、科学者兼実践家(サイエンティスト・プラクティショナー)である。

詳しくは、"Group With" という海外生活を体験したお母様方のブログで紹介してくださっている。http://www.groupwith.info/htdocs/index.php?action=pages_view_main&page_id=107

イギリスはアメリカと異なり、チャータード・サイコロジストになるために学科試験に受かる必要はない。イギリス心理学会の認証した大学を卒業することで、大学院でのトレーニングに参加するための最低基準をクリアすることになる。ただし、心理学の学士を持っていなかったり、イギリス心理学会の認証したコースを卒業していなかったり、イギリス以外の国の学部を出たりした後に、イギリスの大学院におけるトレーニングを受けようとする場合には、イギリス心理学会の認証を受けた1年間の特別コースを修了するか、イギリス心理学会の認証プロセスを経て、学部卒業レベルの知識と技術を有していることを証明してもらう必要がある。この際も学科試験はない。学科試験ではなく、実務や実績を通して、知識と技能を評価しようとする姿勢がうかがわれる。

このことを踏まえると、日本の国家試験の仕組みは、イギリスよりはアメリカの仕組みに類似しているように思われる。公認心理師の国家試験が作られる際には、アメリカの国家試験が参考にされる可能性は非常に高い。

ただし、学部と大学院のカリキュラムや、心理学者に求める知識と技能については、アメリカだけでなく、イギリスの制度が参考にされるはずである。イギリスは、アメリカと並び世界の心理学をリードする2大国家の一つというだけでなく、イギリスは、学部教育や大学院での専門家養成のスタンダード(基準)が整っているので、参考にしやすいという理由もあるだろう。







この記事へのコメント